「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの標準化に係る調査・実証事業」に早稲田大学の提案事業プロジェクトが採択されました。

経済産業省が進める「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの標準化に係る調査・実証事業」に早稲田チーム(田辺新一(代表:環境工学)、古谷誠章(建築意匠)、高口洋人(環境メディア)、長澤夏子(建築人間工学)、林泰弘(先進電気)、旭化成ホームズ、三協立山、東京ガス、ニチベイ、日比谷総合設備、三菱電機)の提案事業プロジェクト「Nobi-Nobi House ~ 重ね着するすまい」が採択されました。

東日本大震災以降、エネルギーセキュリティに関する国民の関心は極めて高く、住宅についてもエネルギーを地産地消する、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」(以下「ZEH」という。)への注目が高まっています。

本事業は、ZEHをより広く国内に普及させるにあたり、技術的な課題の検証に加え、快適さの追求や、エネルギーマネジメントによる系統依存度の低減、我が国の気候・風土に合わせた住まい方、震災の経験等を踏まえ、ZEHに付加できる機能を改めて定義し、課題先進国の日本において、その解決を図りつつ、更に質の高い住まい方を探求することを目的としています。

事業では、大学の研究者、学生、ハウスメーカー、設備メーカー等がコンソーシアムを形成し、ENEX2014会場に住宅を建設して展示します。展示期間中は各種計測を行い性能を検証、ENEX2014来場者による投票(5大学程度が採択)も行われる予定です。

こうご期待!