MENU

「いい日を長く」と「環境の見せる化」

Print

住宅において、冷暖房にどの程度エネルギーを使っているかご存知ですか?実は、一般的な住宅では、1年間に使用するエネルギーの中で、冷房に2%程度、暖房に30%前後を占めています。net-ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を実現するために、自然エネルギーの利用も大切ですが、そもそも生活する上で使用するエネルギーを減らす必要があります。

 

では、使用するエネルギーを減らすためには、どのような工夫があると思いますか?まず、記事「家そのもののつくり方を工夫するー外皮性能についてー」にあるような建物の性能を上げることで、住宅内で使用するエネルギーを減らす方法があります。このほかにも、住宅で暮らす私たちの生活スタイルを変えることによっても使用するエネルギーを減らすことが可能なのです。今回は、人の行動によってエネルギー消費量を減らす方法についてお話したいと思います。

 

具体的にはどのような行動が省エネルギーにつながるのでしょうか。自然環境を有効に使い、なるべく冷暖房を使わない生活が大切です。日本の気候には春、夏、秋、冬と四季があります。夏のとくに暑い時や冬のとくに寒い時には、快適に過ごすために冷暖房をすることは重要です。ただ、春や秋といった中間期では冷暖房を使わずに、窓を開けたり、縁側等で過ごしたりすることで、十分快適に住まうことができます。私たちは、このように冷暖房を使わなくても快適に住まうことのできる時期をのばす、「いい日を長く」をテーマとして、人の行動の面からも実現を目指しています。

 

そのためには、住まい手に窓を開けたり、縁側等で過ごしたりといった省エネルギーにつながるような行動を促すことが大切です。このような省エネ行動をどのようなタイミングで行うのが適しているか、快適さにつながるかを日常的に伝える必要があります。そこで、私たちは、「環境の見せる化」を提案しています。

 

私たちの提案する「環境の見せる化」とは、住まい手に対して、室内、屋外の温度を感覚的にわかるように見せる化をすることで、窓を開けることが快適か、外に出ると快適か、などを示し、省エネ行動をしやすくするものです。これにより、屋外の環境がよいときには、窓を開けて室内へ心地よい風を取り入れてみたり、縁側に出てひなたぼっこをしてみたりと、住まい手が自らの考えで様々な省エネ行動を行う機会を増やすことができます。

 

このように、私たちは「環境の見せる化」により、住まい手に室内外の温度を感覚的に伝えることで、省エネ行動を促し、「いい日を長く」の実現を試みています。今回設計しているnet-ZEHにて、どのような「環境の見せる化」を行っているか、ぜひ見に来てください!