MENU

#2 家そのもののつくり方を工夫する
-外皮性能について-

plan1310_2

ZEH(Zero Energy House)を創るためには、いくつものステップが必要です。その最初のステップとして、壁のつくり方や窓の選び方などに知恵を絞って建物そのものの性能を上げ、最小限の空調の利用で快適な空間を保てるような工夫をするということがあります。

 

なぜならば、もしも建物の性能が悪ければ、建物の壁や窓から想定外に熱が逃げたり入ったりしてしまってうまく空調のエネルギーを減らすことができず、快適な空間を維持するためのエネルギー消費量が大きくなってしまうからです。

 

では、建物の性能を上げるためには、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか。

 

快適な空間をつくるためには、まず室内を快適な温度に保つことが必要です。特に夏や冬では外の環境が厳しくなるため、外の冷気や熱気を室内に入れない工夫をしなくてはなりません。そのときに良く使われるのが「断熱材」と呼ばれる素材です。断熱材は空気を多く含んでおり、空気は熱を通しにくい特徴を持っているため、断熱材を壁の間に入れ込むことによって外の冷気や熱気が室内に侵入することを防ぐことができます。そうすると、夏には涼しい空気を外に逃がさず、逆に冬には暖かい空気を外に逃がさない家を創ることができ、室内の快適な温度を最小限の空調によって保つことが出来ます。これは、「まほうびん」と同じ仕組みを持った住宅、と考えてもよいでしょう。

 

断熱材を多く使った壁だけで窓のない家をつくれば、熱気・冷気が侵入する心配がなく、室内を快適な温度に保つことは容易になるかもしれません。しかし、壁しかない家で暮らすことを想像すると、部屋の温度は最適であっても、日々の暮らしはあまり快適ではなさそうですね。おそらく、多くの方が開放的で気持ちがよい住宅に住みたいと考えるでしょう。

 

人がのびのびと暮らすためには、外で過ごし易い時期には適度な風を室内に取り込み、外の景色を楽しみ、暖かく気持ちが良い太陽光を取り込むために「窓」が必要です。

窓は外部の風・光・熱などの要素のうちいくつか選択して取り込むことで、自然の力を上手く利用できます。しかし、取り込むものをしっかりと取捨選択しなければ、窓から冷気・熱気が侵入し、室内を快適に保つために余分なエネルギーがかかってしまうことがあります。これを防ぐためには様々な工夫が必要です。例えば、窓はガラスを二重にすることで、ガラスとガラスの間の空気層が断熱材と似た役割をはたして冷気や熱気が侵入することを防ぐ手法があります。また、ブラインドを開閉することによって、夏は太陽光を遮り日射が入ることを防ぎ、冬は日射を取り込んで室内を暖めるなど、衣替えをするように季節や時間帯によって窓の条件を自由自在にコントロールする手法もあります。

 

このように、さまざまな技術の応用と想像力を組み合わせれば、たくさんの「窓」がある住宅でのびのびとした生活を送りつつ、省エネルギーを実現することが可能なのです。