MENU

「ジョイントボックス」を用いた鉄骨造

鉄骨造

 旭化成の「ジョイントボックス」を採用し、重量鉄骨の柱と梁をボックスユニットに接合させることで、高い施工精度を確保し、エネルギー吸収力に極めて優れた高い耐震性をもつ住宅を実現させています。これにより、垂直方向・水平方向への拡張を可能とし、Nobi-Nobi Houseの3層構造までの積層化・タウンハウス化を実現させる計画となっています。また、日本で広く普及している鉄骨材は、木材住宅の多いアジア地域で問題になるシロアリ被害も防ぎます。