MENU

冬でも外で「のびのび」!

nobinobi‰·Žº‚̐}

冬の外はとても寒いですね。しかし、日中に陽が当たる所に行くと、太陽からの日射がとても暖かく感じられると思います。このように、冬季では、家の中に暖かい太陽からの日射を積極的に取り込むことで、暖房のエネルギー消費量を低減することができます。

今回私たちが設計するゼロ・エネルギー・ハウスでは、季節や天気を肌に感じながら、建築の外皮を衣服のように重ね着できるすまいを提案しています。そして、冬季は冬の日射を遮らず、むしろ日射からの熱を受け取り蓄えるような工夫をしています。

着せ替え可能な空間をガラスなどで覆うことで、そこの半屋外空間を温室のようにし、冬でも外で温かく過ごせることを目指しています。外が10℃程度の寒い日でも、晴れていれば日中の半屋外空間は20℃以上となります。日射熱の影響はとても大きいのです。

冬でも外で快適に過ごせる時間が長くなれば、その分日中は室内の暖房をOFFにして、エネルギーを節約、ということもできるかもしれません。さらに、冬でも外部でしか出来ないアクティビティを行う事が可能となり、生活の幅が広がります!

ぜひ見学にいらして、私たちが設計した温室の快適な空間を体験してみてください!