MENU

施工8日目!

施工8日目

お台場に建設中のゼロエネルギーハウス、本日で着工8日目です。

 
本日は、壁に断熱材が貼られました。この断熱材は、冬の暖かい室内の熱を外に逃がさないために使用する素材であり、この素材を用いて住宅をくるんでいきます。
室内を断熱材で囲むことにより、室内の暖かい空気が外に逃げづらくなり、一定水準の生活の質を担保することができます。つまり、普段私たちが生活しているような住宅の性能を持ち合わせている、ととらえて良いと思います。

 

しかし、これだけでは一般的な住宅と変わりません。今回私たちが目指しているのは、2020年を見据えた新しいゼロ・エネルギー・ハウスです。

 

断熱材で囲んだ居住領域の外側に、脱いだり着たりできる半屋外空間を設ける設計を行っており、この半屋外空間を環境のバッファーゾーンとして利用することを考えています。

この半屋外空間の施工につきましては後日お話致します!