LECTURE INFO

The
First
Grader
1

建築・都市と環境

対象学年
1年
単位数
2
担当教員
有賀隆/矢口哲也/佐藤滋/高口洋人/田辺新一/長谷見雄二

現代社会では、建築単体のみではなくその置かれた都市や地域の問題を考慮せずに建築を語ることはできない。また、快適・健康性、地球環境、エネルギーなどの観点からも環境を考慮することが必須となっている。本講義では、建築における都市と環境の問題を身近な人間・建築のスケールから都市スケール、地域/国土/地球スケールまで広げ様々な観点から概論する。先進的な事例を積極的に取り上げ講義を行う。

The
Second
Grader
2

建築工学実験B(環境系実験)

対象学年
2年
単位数
3
担当教員
長谷見雄二/田辺新一/中野淳太

建築工学実験B(環境系実験)では、実験を通じて建築環境分野に関する理解を深めることを目的とする。学生は、希望あるいは抽選などの方法で施工、構造、測量、環境の中から1コースを選択する。その1つのコースが建築工学実験Bである。履修人数は50-60人程度の予定である。15回の実験、実験準備、講義、講評を行う。担当は、教員4人(長谷見、田辺、中野、高口)及び助手である。環境系の大学院生が、多数のTA(ティーチング・アシスタント)として参加している。

・実験A:室温変動や省エネルギーの必要性、カビ・ダニなどの室内微生物汚染などに関して実測を行う。環境共生建築の理解の第一歩となる。紙上のみでは理解でない項目を学ぶ。
・実験B:バリアフリーに関する実験に関しては、今後の高齢化社会の建築に必須となるユニバーサルデザインに関して学ぶ。高齢者や障害者を模擬する装置を身体に装着し、行動や避難に関して体験を行う。
・実験C:光環境に関しては、模型を作成し照度を測定するなど、感覚だけに頼らない照明や昼光利用に関して学ぶ。照度の測定を実際に行う。実験データのまとめにはパソコンを利用する。

3

建築環境学

対象学年
3年
単位数
2
担当教員
田辺新一

本講義では、建築環境工学に関する内容に関して講義を行う。熱、光、空気、音・騒音などの環境要素に関する基礎的な解説に加えて、地球環境問題時代における建築役割、省エネルギーなどに関しても講義を行う。各回の講義内容に関しては、シラバスに示している。

第1回 授業ガイダンス、地球環境と省エネルギー
第2回 建築における環境とは(風土と建築)
第3回 温熱環境(温度と熱移動、熱負荷)
第4回 温熱環境(環境と人体、快適温熱環境)
第5回 温熱環境(日射と太陽)
第6回 健康住宅
第7回 健康住宅、スマートハウス
第8回 空気環境(室内空気質)
第9回 空気環境(換気・風環境)
第10回 光環境(昼光照明の基礎)
第11回 光環境(色彩計画と照明)
第12回 音・騒音(快適な音、室内音響)
第13回 音・騒音(騒音と遮音、振動)
第14回  建築環境の最前線
第15回  理解度確認

2009年度からは、一級建築士受験資格の必須科目となっている。

The
Third
Grader
4

設計製図IIIb

対象学年
3年
単位数
2
担当教員
嘉納 成男/輿石 直幸/小松 幸夫/曽田 五月也/高口 洋人/田辺 新一/野村 悦子/長谷見 雄二

【授業概要】
この科目は、意匠に加えて構造・環境・設備・生産の各分野に関する工学的な事項を総合的に検討した上で、各自の設計課題をまとめることに重点を置いている。すなわち、基本的な建築計画を行うとともに、その構造設計、環境・設備設計並びに建築の詳細部位・納まりなどの設計を実施することによって、建築物における各種の工夫や仕組みを理解しながら図面として仕上げる。

まず与えられた課題について各自がその基本設計を行う。その設計内容について環境・設備的視点からは、避難計画および建築物の室内環境などについて検討する。また、構造的な視点からは、その一部分について構造解析を行い、構造図を作成する。生産的視点からは、仕上げ表の作成、建物の主要な矩計や納まり部分についての詳細を検討し、その図面化を行う。また、敷地における建築法規のクリアなど、実際に建物を建てるのにどのような図面が必要になるかを学習する。
 本課題は、鉛筆描きで図面を作成し、青焼きにして提出する。これは手書きでしか得られない図面への集中力の育成と、設計計画の身体的理解を目的としている。
計画内容については、授業一回目以前に説明会を開催し資料を配付する。昨年度は『カフェテリアのある建築学科学生寮』

The
Fourth
Grader
5

卒業論文

対象学年
4年生

The
Fourth
Grader
6

卒業計画

対象学年
4年生
担当教員
全教員

卒業計画は、建築学各分野で学習した知識を統合する設計製図の最終年度科目であり、同時にその後のさらに専門に分化して行われる大学院での学習や実社会での実践のための初歩として位置づけられる。学部を通して習得した様々な知識や技能をもとにして、各自がその後に引き続き研究または実践をしたいと考える建築・都市のテーマに関し、これを具体的な設計・計画の形へ統合し、提案するものである。
本課題は以下に示すように異分野の3名のグループを構成し、共同して取組むものとする。これは、将来実社会において必須となる異分野共同での作業を予体験するいわばシミュレーションであり、また互いの専門分野を理解し、議論し合うことを通して、はば広い視野の獲得と自らの専門性に対する高い意識の涵養を企図している。
卒業計画は、3名のそれぞれの専門分野の研究を背景とし、実地調査によるもの、文献研究によるもの、理論的研究によるもの、実験によるもの等を統合化したものであり、計画案を提出後、講評会において必ず参加する全員が発表することとする。

7

建築環境特論

対象学年
修士1年
担当教員
田辺新一

■建築環境学
『室内温熱環境・空気環境の基礎と数値計算』
授業概要:室内の動的な負荷計算、建築環境の計画・設計時の検討方法の基礎に関して学ぶ。加えて建築設備に関する基礎に関しても解説を行う。本授業では実務の基礎となる事項に関して詳細に解説を行うとともに、実際に計算を行うことで成果を確認する。 授業の到達目標:建築熱環境計画の基礎を理解するとともに、実際の住宅・建築物でそれらを応用できるようにする。

8

先端建築学論B

対象学年
修士1年

/入江正之/小松幸夫/後藤春彦/田邉新一/中谷礼仁/西谷章/長谷見雄二/山田眞/渡邊大志/渡辺仁史/小林恵吾
授業概要:本講義は、建築学専攻の全学生を対象に、各領域での最前線の研究、最新の建築・都市設計計画の紹介等を通じ、現代社会が建築や都市、環境に求めるものを知り、幅広い建築学全般にわたる総合的な理解を深めることを目的としている。担当は建築学専攻の教員が分担して行う。基本的に講義は英語で行う。(G30の協力科目となっており、原則英語での授業となります)

大学院修士を対象とした演習。国内、国際会議での発表やプロジェクトベースの学習を行う。 9

建築環境演習A、B、C、D

対象学年
修士1~2年

早稲田大学創造理工学部建築学科/建築環境学/田辺新一研究室

Department of Architecture, Waseda University/TANABE Shin-ichi Laboratory