■オープン・イノベーション時代の個人と社会■
Internet of Things(IoT)はネットワーク情報技術が誰もの身近な生活の中に浸透し、SNS や 3D プリンターのように、個人の楽しみや工夫からグローバルな社会への働きかけまでが連続したオープンなイノベーションの時代を拓くものと期待されています。BIM の本質もワークフローから個人と組織の関係を変えることかもしれません。大量生産技術と市場の原理が主導してきた建築の技術と価値も、この新しい個人と社会の関係の中で大きく変化してきていると改めて捉えなおし、これまでの建築情報化の歩みとの違いを議論してみたいと思います。

日時:2016年12月8日(木)~ 9日(金)
会場:建築会館ホール+本会会議室(東京都港区芝 5-26-20)
参加費:
(1) 資料あり参加費 *資料はDVD会員8,000円、会員外9,000円、学生5,000円
(2) 資料なし参加費    会員3,000円、会員外4,000円、学生1,000円

詳細は以下のチラシをご覧ください。
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2016/161208-09.pdf

お申し込みはこちら