2016年7月、ベルギーのゲント大学でIndoor Air 2016が開催されました。
学会において田辺先生が室内環境アカデミー最高賞であるペッテン・コッフェル賞を受賞いたしました。

Pettenkofer Awardについて
ペッテン・コッフェル賞は室内環境アカデミー1)が3年に一度,室内環境科学に関する優れた,先進的である業績があると認めた個人に対して表彰を行う賞である.アカデミーの最高の賞で,マックス・ペッテンコッフェル(1818-1901),二酸化炭素と室内空気質の関係に関して先駆的な研究を行ったドイツの現代衛生学の創設者の栄誉にちなんだ賞である.2016年から隔年の授与となった.同賞は室内空気および気候に関する国際会議(Indoor Air conference)2)にて授与され,初回は1999年にエジンバラ(英国)で開催された会議において行われた.役員会が受賞者を選考する.

これまでの受賞者
■1999年
トーマス・リンドバル教授,スウェーデン国立環境医学研究所

■2002
バーン・ザイフェルト教授,ドイツ環境庁環境衛生研究所所長

■2005

オレ・ファンガー教授,デンマーク工科大学室内環境・エネルギー国際研究所所長

■2008
ジョン・スペングラー教授,ハーバード大学公衆衛生学部環境保健学科,健康・地球環境研究所所長

■2011
ヤン・サンデル教授,デンマーク工科大学室内環境・エネルギー国際研究所,元スウェーデン王立工科大学,現在,清華大学客員教授

■2014
チャーリー・ウイッシュラー教授,米国ラトガース大学環境労働衛生科学研究所,現在デンマーク工科大学室内環境・エネルギー国際研究所及び清華大学客員教授

■2016
田辺新一教授,早稲田大学建築学科

※所属・役職は当時を含む

IA2016_pettenkofer1

 

 

 

 

 

 


1)室内環境アカデミー:International Academy of Indoor Air Sciences (IAIAS)は,1991年に創設された.室内空気質,室内環境に関する研究・実践に関して卓越したサービスを行う個人による任意団体.発起人メンバーは11名,創設時メンバー61名.2005年にアカデミーは室内環境国際学会(ISIAQ:International Society of Indoor Air Quality and Climate)と合併してISIAQフェローアカデミーとなっている.ISIAQはHealthy Buildingsという国際会議を主催してきた.アカデミーメンバーは推薦のみ.国際会議の誘致・選考,新メンバーの選考,ペッテン・コッフェル賞,特別功労賞,ヤグロー賞,優秀論文賞(Indoor Air, Weily,904),学生賞,学生論文賞などを提供している.医学,衛生学,工学,建築学,機械学,化学,生物学など室内環境に関する学際的なメンバーとなっている.

2)Indoor Air (室内空気および気候に関する国際会議)
1978年にP.O.Fangerにより創設
1978   Indoor Climate, Copenhagen, Denmark
1981   Indoor Air Pollution, Health and Energy Conservation, Amherst, Massachusetts
1984   Indoor Air ’84, Stockholm, Sweden
1987   Indoor Air ’87, Berlin, Germany
1990   Indoor Air ’90, Toronto, Canada
1993   Indoor Air ’93, Helsinki, Finland
1996   Indoor Air ’96, Nagoya, Japan
1999   Indoor Air ’99, Edinburgh, Scotland
2002   Indoor Air 2002, Monterey, California
2005   Indoor Air 2005, Beijing, China
2008   Indoor Air 2008, Copenhagen, Denmark
2011   Indoor Air 2011, Austin, Texas
2014   Indoor Air 2014, Hong Kong
2016   Indoor Air 2016, Ghent, Belgium